watchdog の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

ウォッチドッグ 英語一般

watchdog は「番犬」もしくは「監視する人・機関」という意味です。

watchdog のツイート例

Germany’s financial watchdogs are being questioned about Wirecard by lawmakers in Berlin.

ドイツの金融監視期間がワイヤーカード社についてベルリンの国会議員から質疑を受けています。

bloomberg.com

watchdog の意味

watchdog は、文字通りに訳せば「番犬」ですが、そこから転じて、監視する人や組織などを表す場合にも使用されます。

a person or group of people whose job is to protect the rights of people who buy things and to make sure companies do not do anything illegal or harmful

購入者の権利を守ったり、企業が違法もしくは有害なことをしていないかを確認することを仕事とする人もしくはグループ
(ロングマン現代英英辞典より)

例文

He is a watchdog for global warming.

彼は地球温暖化の監視者である。

“watchdog” は、不正などを正すという文脈で使われることが多いのが特徴です。

冒頭のツイートでは、その公正なはずのウォッチドッグが追求を受けているのでニュースになっているんですね。

また、対象は人や組織に限らず、機械やコンピューターにも応用されます。

例えばコンピュータ業界で「ウォッチドッグ」といえば、プログラムが正常に稼働しているかをチェックするために発信される信号として使われていますね。

例文

The watchdog software detected a system error.

監視ソフトウェアがシステムエラーを検出した。

watchdog の同義語

watchdogの同義語はいろいろありますが、代表的なものを以下に紹介します。

  • auditor (監査人)
  • supervisor (監督者)
  • listener (聴取者・受信デバイス)
  • overseer (監督)
  • informant (情報提供者)
  • invigilator (試験監督)

<<あわせて読みたい>>

TOEIC公式問題集だけで飛躍的にスコアを伸ばす方法

海外ドラマを使った初心者におすすめの英語学習法

「ショーシャンクの空に」英語セリフと名言集

「プラダを着た悪魔」英語セリフと名言集

「ゴッドファーザー」英語セリフと名言集

「アバウト・タイム」英語セリフと名言集

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました