ドラム式洗濯機を狭い洗面所に格納~機種選定から設置まで~

ドラム式洗濯機 雑貨・暮らし

「我が家は狭いから無理だろう」と思っていたドラム式洗濯機。

しかし、そのメリットをあちこちで目にするようになり、あきらめきれずに調べた結果めでたく設置に成功しましたので、その顛末を書いておこうと思います。

購入機種

比較サイト等で検討した結果、パナソニックの NA-VG740R-W に決定しました。


購入に際しての基準は以下のとおりです。

サイズが手頃であること

奥行き x 幅 x 高さ がそれぞれ 60 x 60 x 99.8 cm で、高さを除けば現在使っている縦型洗濯機とあまり変わりませんでした。

容量は7kgで、3人家族の我が家なら問題ありません。

一回り大きい10kg容量の製品もありましたが、こちらは設置に難ありが予想されたのでパスしました。

デザインがすっきりしていること

「キューブル」という名前の通り、四角くてスタイリッシュなデザインです。

ドラム式洗濯機というと、コインランドリーのようなせり出した窓のイメージがあったのですが、この製品はそのような余計な出っ張りがなく気に入りました。

機能的に必要十分であること

一回り大きいタイプ (NA-VG1400L-S) の方は、「ナノイー」とか「エコナビ」とか色々宣伝されていたのですが、そもそも今使っている洗濯機にそんなものはついてないので無くても構いません。

ただ、ひとつ気になったのが「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」。

洗剤を自動で入れてくれるなんて便利かも?と一瞬思いましたが、結論から言うとこれも不要でした。

洗濯から乾燥まで一気に終わらせてしまうすごいメリットに比べたら、スタートボタンを押すついでに洗剤を入れる手間など取るに足らないものだったからです。

パナソニック以外のメーカーの製品も検討はしましたが、

  • このサイズだと選択肢があまりない
  • 洗濯/乾燥の基本機能は妥協したくない
  • 他社のデザインはいまいち

ということで、価格はやや高めでしたがパナソニックの NA-VG740R-Wを選択しました。

設置場所より搬入経路が重要

本体が収まる洗面所のサイズは確認してから購入したのですが、問題はそこに持っていくまでのドアや廊下の幅でした。

購入する際は玄関から設置場所までのサイズも忘れずにメモして行くことをおすすめします。

洗面所入口で引っかかった場合の対処法

洗面所の入り口。築年数的に最近のマンションに比べると狭いと思います。

ドラム式洗濯機搬入経路

パナソニックNA-VG740Rは幅・奥行きともに60cmなんですが、注文してから洗面所の間口を測ったところ約58cmしかありませんでした。まずい。。

とりあえずドアを外しましたが効果はなし。次にドアを止めるためにドア枠に付けられている棒状のもの(調べたら戸当りというそうです)をはずしました。

これは施工にもよりますが、我が家の場合は単純に押し込まれていただけで、簡単にはずすことができました。

これでOKと思ったら、なんと洗濯機本体の取っ手がドアの枠に引っかかってしまいました。ここだけ寸法より数ミリはみ出しているんですね。。

仕方がないので設置のお兄さんに「家に傷がついても文句は言わない」と約束し、手で押して引っ込めながらなんとか通過しました。


ようやく入ったところ。ホッ。

パナソニックNA-VG740R

まとめ

最近はドラム式洗濯機のメーカーもよく研究しており、「狭いから無理かな」と思っている人も調べてみると良いです。

もし上手く入れば、日常の生活品質が大きく向上するからです。

洗濯というのは家事の中でも面倒な部類ですよね。
天候や時間にとらわれず、いつでも洗濯できるとわかっているだけで、想像以上に安心かつ快適です。

特に

  • 子育てで忙しい
  • 部屋干し中心でイヤなにおいがする
  • 花粉症で外に干したくない

といった方にはおすすめです。縦型洗濯機に比べ値段は高めですが、それだけの価値はあります。

私も実際に使ってみて、梅雨時期や冬の積雪時などにはホントに買ってよかったと思いました。

設置で苦労はしましたが、以前よりは機種のバリエーションも増えています。どうしようか迷っている方は、一度電気屋さんを覗いてみてはいかがでしょうか。

他メーカーも含め検討したい場合は、こちらで予習しましょう。

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
雑貨・暮らし
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました