traffic jam の意味と例文・使い方/Twitterで学ぶ英語

英語一般

traffic jam は「交通渋滞」という意味です。早速ツイートを見てみます。

The resumption of on-site education in the U.K. is coinciding with a return of that morning bugbear: the traffic jam

イギリスでの通学の再開は朝の悩みのタネ:交通渋滞の復活と一致しています。

bloomberg.com

“traffic” は「交通」ですが、”jam” は、あのパンにつけるジャムのことですね。

といっても、別に食べるという意味ではなく、jamには「ぎっしり詰め込む」という意味がもともとあるんです。

確かにそう言われると、瓶にぎっしり詰め込まれていますね。

文例

We were stuck in a traffic jam on the freeway for two hours.
私達は高速道路で渋滞にはまって2時間になる。

I was caught in a traffic jam.
渋滞に巻き込まれた。

応用例として、”jam-packed” で形容詞的に使われていることもあります。

日本語でも「すし詰め」という言葉がありますが、それのあちら版といったところでしょう。

文例

The train was jam‐packed with people.
電車は人ですし詰めだった。

traffic jamの言い換え可能な単語としては、congestion (混雑、密集) があります。

文例

They are looking at ways to reduce traffic congestion in the street.
彼らはその通りの渋滞を減らすための方法を探している。

congestion は幅広い意味を持つ単語で、渋滞以外にも何かが詰まっているもの全般に使われます。

面白いところだと、”nasal congestion” で「鼻詰まり」という意味です。

その他、渋滞の程度を示すものとしては heavy、busy、bad あたりを知っていれば問題ないでしょう。

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました