「ショーシャンクの空に」心に残る名言を英語セリフから解説

ショーシャンクの空に

殺人容疑で収監された主人公アンディの絶望と再生を描いた「ショーシャンクの空に」から、

  • 心に残るセリフや気の利いた使い回し
  • 使えそうな便利表現

などを原文解説つきで紹介します。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

タイトルについて

「ショーシャンクの空に」の原題は

The Shawshank Redemption

です。

“Redemption”には、

  • 買い戻し、償還
  • キリストによる罪の贖い (あがない)、救済
  • 約束、義務などの履行

といった意味があります。

刑務所なのだから罪の贖いはあるにしても、この作品は他の意味にも通じるところがあって深いタイトルになってます。

この作品、スティーブン・キングの原作では

“Rita Hayworth and Shawshank Redemption” (刑務所のリタ・ヘイワース)

というタイトルでした。

リタ・ヘイワースは1940年代に活躍したアメリカの女優です。

本作品では、彼女を使った小道具がとても重要な役割を果たしています。

ショーシャンクの空に アンディ リタ・ヘイワース

life sentence -終身刑-

ショーシャンクの空に アンディ

Judge: By the power vested in me by the State of Maine, I hereby order you to serve two life sentences back-to-back…
one for each of your victims.
So be it.

メイン州から授与された権限をもって、あなたに連続2回の終身刑を命じる。
被害者ひとりにつき1回。
以上。

“sentence” は日本語でも「センテンス」といいますが、これは単に「文章」の他に「刑事上の宣告」という意味もあるんです。

例文

I was sentenced to pay a fine of $100.
私は100ドルの罰金を支払うように宣告された。


裁判官の最後のセリフ “So be it” は省略し過ぎで難しいですが、正確には “Let it be so that way” で「そうであってくれ」という意味になります。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

blasphemy -神への冒とく-

Norton: Rule number one: No blasphemy.
I’ll not have the Lord’s name taken in vain in my prison.

規則その1。神を冒とくしないこと。
私の刑務所内で神の名をみだりに使ってはならない。

ショーシャンク刑務所・ノートン所長の入所者への挨拶から。

ショーシャンクの空に ノートン

“blasphemy” は神への冒とくという意味で、日常会話にはあまり出てきませんね。

“I’ll not ~” の文章は、”have + 目的語 + 過去分詞” の典型的な例です。

「~してもらう」「~させる」「~される」と訳すのがコツで、こちらはよく使います。

直訳すると、
「私は自分の刑務所内において、神の名をみだりに使わせはしない」

といったところでしょうか。

スポンサーリンク

innocent -無実-

ショーシャンクの空に レッド アンディ

Red: Why’d you do it?
なぜやったんだ?

Andy: I didn’t, since you ask.
やってない、聞かれたから言うけど。

Red: You’re going to fit right in.
Everybody in here’s innocent.
Didn’t you know that?
お前はうまくなじんでいけそうだ。
ここでは皆無実な
だ。
知らなかったか?

「調達屋」レッドとの会話から。

“fit in” は「合う・なじむ」と言う意味です。日本語でも「フィットする」と言いますね。

ここでは強調を表す “right” がついて、「まさにピッタリ」という感じを出しています。

ここではみな無実、というのは面白いジョークですが、それに絡んだレッドの告白が物語後半で出てくるので、注意して聞いてみてください。

salvation -救い-

Norton: I almost forgot it.
I’d hate to deprive you of this.
Salvation lies within.
忘れるところだった。
これを君から奪うことはしたくない。
救いは中にある。

アンディと聖書の教えについて会話を交わすノートン所長。

聖書を返しながら発した言葉 “salvation” 自体が宗教的な意味を持ってます。

実はこれがある伏線になってるんです。ぜひ本編で確認を。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

normal again -正気に戻る-

ショーシャンクの空に アンディ

Red: You could argue he’d done it to curry favor with the guards.
Or maybe make a few friends among us cons.
Me?

I think he did it just to feel normal again, if only for a short while.

彼は看守に媚びるためにそうしたと言えるかもしれない。
それとも、俺たち囚人との間に数人の友達を作るためとか。
俺はって?

彼はただ正気に戻るためにしたんだと思う、つかの間であったとしても。

持ち前の会計知識でハドリー刑務官のご機嫌を取ることに成功したアンディ。

“You could argue” は「~ともいえる」「~という議論も成り立つ」と言う時の慣用句です。

内容について、話し手が必ずしも同意しているとは限りません。

この場合の “you” は聞き手一般を対象にしてます。

briefest of moments -その瞬間に-

Red: And for the briefest of moments, every last man at Shawshank felt free.
そしてほんの少しの間、ショーシャンクにいる人間は一人残らず自由を感じていた。

“brief” は「短時間の」という意味ですが、最上級にすることで、「ほんのわずかの瞬間」ということが強調されてます。

“every last man” も “every man” を強調した言い方で、「一人残らず」「例外なく」という意味になります。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

my friend -友として-

ショーシャンクの空に チェス

Andy: You need it so you don’t forget.
忘れないようにそれが必要だ。

Red: Forgot?
忘れる?

Andy: Yeah, for, forget that there places in the world that aren’t made out of stone.
That there’s a, there’s something inside that they can’t get to, that they can’t touch.
そう、世の中には石からできてない場所があるということを忘れないためにだ。
人間の内面には彼らが奪うことも触ることもできない何かがある。
それは君のものだ。

Red: What are you talking about?
何のことを言っているんだ?

Andy: Hope.
希望だよ。

Red: Hope. Let me tell you something, my friend.
Hope is a dangerous thing.
Hope can drive a man insane.
It’s got no use on the inside.
You’d better get used to that idea.
希望。友人として言わせてくれ。
希望は危険だ。

希望は人を狂わせる。
塀の中では役に立たない。
その考え方に慣れるんだ。

アンディは具体的な障害物や降り掛かってくる災いなどの比喩として「石」という言葉を使っています。

これは自分の趣味である石集め、さらには自分と外を隔てる刑務所の壁も念頭においたセリフでしょう。

普段は多用するスラングを使わず真面目に問いかける様子から、レッドが本気で心配していることがわかります。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

honest man -正直な男-

ショーシャンクの空に アンディ レッド

Red: Well, I’ll be damned!
Did I say you were good?
Shit, you’re a Rembrandt.

こいつは驚いた。
俺はお前がいいヤツだと言ってたよな。
まったくお前はレンブラントだよ。

Andy: You know, the funny thing is, on the outside, I was an honest man, straight as an arrow.
I had to come to prison to be a crook.

いや、面白いのは、僕は塀の外では正直な男、マジメ人間だったということだよ。
犯罪者になるために刑務所に来なきゃならなかったんだ。

アンディが所長の不正蓄財に関わっていると聞いたレッド。

“I’ll be damned.” というのは強い驚きを表す表現です。

例文

He’s marrying a woman who he met two months ago?
彼は2か月前に会った女性と結婚するんだって。

Well, I’ll be damned!
そりゃ驚いた!

damn は上品な単語ではないですが、こちらの作品を見ると割と一般的のようですね。

そして次のセリフに出てくる
“a Rembrandt”。

レンブラントは光と影を駆使する手法で有名な画家の名前ですが、ここで注目するのはその前についている冠詞の “a” です。

実は “a + 人名” で、

「まるで (人名) のような人」

という意味になるんです。

今回のセリフのように、有名な人になぞらえて「すごい」と言いたいときの定番表現なので覚えておきましょう。

例文

He’s an Einstein.
彼はまるでアインシュタインのようですね。

スポンサーリンク

tradeoff -交換条件-

Andy: Why do you think the warden lets me do all that?
所長はなぜそれを僕にやらせると思う?

Red: Keep you happy and doing the laundry.
Money instead of sheets.
お前を上機嫌にして、洗濯を続けるため。
シーツの代わりにカネだ。

Andy: Well, I work cheap. That’s the tradeoff.
そして僕は安く働く。それが交換条件だ。

ショーシャンクの空に アンディ

会計知識を駆使して所長が不正に集めた金を「洗浄」するアンディ。

資金の出どころが分からないよう口座を移動することを「マネーロンダリング」と言いますが、ここではアンディ本来の洗濯作業とかけているんですね。

所長の裏稼業に加担する代わりに洗濯の重労働から解放されるのが「交換条件」というわけです。

get busy living -頑張って生きる-

Red: I don’t think you oughta be doing this to yourself, Andy.
This is just shitty pipe dreams.
こんなことをしない方がいいぞ、アンディ。
バカげた夢物語にすぎない。

Andy: Yeah, right. That’s the way it is.
It’s down there and I’m in here.
I guess it comes down to a simple choice really.
Get busy living… or get busy dying.
ああ、そうだな。それが現実だ。
あちらにはあるが、僕は塀の中だ。
単純な選択になるかもしれない。
頑張って生きる、、それとも頑張って死ぬ。

ノートンにひどい仕打ちをされ、アンディが心身のバランスを崩してしまったのではないかとレッドは心配しています。

この時点では、レッドはまだアンディのある考えに気がついていません。

Get busy living… or get busy dying.” の意味がわかるのは、この後ある「事件」が起こってからになります。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る

hope -希望-

ショーシャンクの空に レッド

Andy: Remember, Red, hope is a good thing, maybe the best of things.
And no good things ever dies.
覚えておいて欲しい、レッド。希望は素晴らしい、たぶん最高のものだ。
そして良いものは決して滅びないんだ。

こちらのセリフに出てくる “ever” という単語、「今までに」と覚えている人も多いと思います。

間違いではありませんが、それだけでは応用性がありません。

本来の意味として「一度でも」と動詞を強調するために使う、と覚えておきましょう。

例文

Have you been to London?
ロンドンにいったことがありますか?

Have you ever been to London?
一度でもロンドンにいったことがありますか?

アンディのセリフ、

“And no good things ever dies”

これも ever がなければ単に「良いものは死なない」ですが、ever を入れることによって、

「良いものは一度だって死なない」
⇒「決して滅びない」

と動詞の die を強調しているんんです。

まとめ

ショーシャンクの空に アンディ レッド

以上、アンディとレッドの会話を中心に、使える表現や心にしみるセリフをご紹介しました。

「ショーシャンクの空に」は刑務所を舞台にしているせいか、上品とは言えないスラングや文法間違いが多く出てきます。

一方、元エリート銀行員だったアンディの話す英語は丁寧かつ正確なもので、刑務所長のノートンに近いものがあります。

この話し言葉の違いが、刑務所内での彼独特の存在感を浮き彫りにしています。

よく聞いていないと気づかないようなアンディの皮肉や、聖書や石ころ、古本といった小道具の効果的な使い途など、言葉の面からこの作品を追いかけて行くと、新たな発見がありますよ。

「ショーシャンクの空に」をアマゾンプライムで観る


ここまで読んで、

「あの場面は本当は何て言ってるのか知りたくなった」

という人には、「スクリーンプレイ」シリーズがぜひおすすめです。

「ショーシャンクの空に」の全セリフとその日本語訳、単語の解説が見開き形式で載っていて、本編を見つつ、英語と日本語を比べながら読むのに便利なんです。

字幕では省略されてしまった本来の微妙なニュアンスがとてもよくわかりますよ。

さらに原作者スティーブン・キングと監督・脚本のフランク・ダラボンによる特別コラムまであって、これだけで元が取れるくらいです(笑)。

これをかたわらに置いて鑑賞してみてください。新たな発見があるはずです。

おまけ:英語が苦手な人はこちらを

「そうは言っても全文英語なんてムリ」

「かっこいいセリフをほかにも教えて 」

という人には、こちらがおすすめです。

その悩みの答え、アカデミー賞映画にあります 人生の扉を開く50の言葉

過去のアカデミー受賞作(ノミネート作品も含む)から、50個の名セリフ(もちろん英語付きで)を紹介しています。

作品情報からちょっとしたトリビア、そしてネタバレ無しのセンスいいイラスト解説まで載っていて、とても楽しく元気が出てくる本です。

「最近なんかいいこと無いなあ」という人、占い代わりにパラパラとめくったところから読んでみてください。

きっと心に刺さるフレーズが見つかるはずです。

しかもそれが簡単な英語で表現されていることに驚くと思います。

好きな俳優が語るカッコいいセリフをこの本でぜひ覚えちゃってください!


<<あわせて読みたい>>

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」英語セリフと名言集

「ジョーカー」英語セリフと名言集

「プラダを着た悪魔」英語セリフと名言集

「アバウト・タイム」英語セリフと名言集

「インセプション」英語セリフと名言集

「ゴッドファーザー」英語セリフと名言集

「ボヘミアン・ラプソディ」英語セリフと名言集

「ビューティフル・マインド」英語セリフと名言集


この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
英語・映画・ピアノ関連の話題を不定期で投稿してます。

名画座
スポンサーリンク
keep on walking

コメント