take placeの意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

英語一般

何かが起こったり、開催されるときに使うのが “take place” です。いつものようにTwitterの例文から見ていきます。

This year’s London Marathon will take place on a closed-loop circuit around St James’s Park on 4 October.

今年のロンドンマラソンはセントジェームス公園を周回する閉じられたコースにて10月4日に開催される予定です。

BBC Sport

“take place” には大きく2つの意味があります。

予定されていたことが「起こる」場合と、何かのイベントが「開催される」場合です。

前者は “happen”,”occur”、後者は “be held” で言い換えができます。

例文

The accident took place yesterday.
その事故は昨日発生しました。

The meeting will take place in October.
その会合は10月に開催される予定です。

Let me know where the ceremony will take place.
その式典が何処で行われるのか教えてください。

「開催される」と日本語では受け身になる場合でも、英語は能動態です。

我々の感覚だと開催するのはあくまで人であって、そのイベント自体は開催されるものだと思うんですが、彼らにしてみればイベントが「起こる」というニュアンスなんですね。

受動態で表現したい場合は、先程あげた “be held” を使いましょう。

例文

Tokyo Olympic Game will be held in 2021.
東京オリンピックは2021年に開催される予定です。

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました