steal the showの意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

英語一般

イギリスの権威ある大聖堂から可愛い話題です。

Tiger, one of the Canterbury Cathedral’s four resident cats, stole the show during the Canterbury Cathedral’s morning prayers by helping himself to milk set out for the Dean

カンタベリー大聖堂に住む4匹のネコのうちの1匹であるタイガー、朝の祈りの最中に司祭のために用意されたミルクを勝手に飲んでいる様子が人気をさらいました。

Reuters

“steal the show” という慣用句、直訳すると「ショーを盗む」ですが、これでは意味がよくわかりませんね。

これは、舞台などで脇役の俳優が素晴らしい演技で話題をさらってしまう様子を表していますが、そこから一般的な用途に転じて「おいしいところを持っていく」といった意味で使われるようになりました。

同様の意味で “steal the scene” とも言う場合もあります。

to be the most popular or the best part of an event or situation:

あるイベントや状況において、最も人気を得る、あるいは最良なパートとなること

(Cambridge Dictionaryより)

たしかに司祭のありがたいお話しよりも、撮影にお構いなしに入ってきて勝手にミルクを飲むマイペースなネコの仕草に目がいってしまいますよね。

今回はネコでしたが、ちょっと前に人間でも同様なことがありました。

また、”help oneself” は「自分で用意する」ということです。

セルフサービスという和製英語(?)がありますが、意味はそれに近いです。

文例

Help yourself to drinks.
飲み物をご自由にどうぞ。

Please help yourself to the salad.
サラダをご自由にお取りください。

上の例文のように、人に何かを勧めるときに便利な表現なのですが、「勝手に使う」という意味もあります。

今回のツイートもネコが司祭のミルクを勝手に飲んでいますよね。

文例

He helped himself to my car.
彼は私のクルマを勝手に使いました。

それにしても、優しい司祭さんでよかったですね。

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました