春の始まりを気分良く過ごす方法

雑貨・暮らし

光は少しずつ強くなってきていますがまだ少し寒くて空もどんよりとした感じ、そして湿度は結構高い…このような季節を皆さんはどのように快適に過ごしますか?
すっきりしない天気の日でも、お買い物や外出のときはなるべく気分よく出かけたいものです。

私はといいますと、その日の天気の雰囲気や気候に抗うことなくなんとなく馴染む服装、でも少しだけ春を意識するような服装を心がけています。

日本の気候のイメージだとニュートラルカラーでしょうか。カラフルにするにしてもグレイッシュトーンでまとめてみたり、マフラーなども少し短いものや軽めのものなんかいいですね。ちょっとした工夫で少しでも足取りが軽くなればと思います。

靴などもスウェードのベージュにしたり、この時期ならではの光線の強さを受けてキラキラした美しい光を反射する小物などを身に付けたいものです。

そして近所を歩きながら動物や植物の中に季節の移ろいを感じて小さく感動する…。猫柳のように毛の生えた木蓮の蕾が暖かそうで可愛らしい様子を見る事ができたり、繁殖の機会が近いのか、たくさんの鳥のさえずりが聞こえてきてきたり。
お散歩中の野良猫たちとその甘い鳴き声もこの時期特有ですね。

いつもそのようにのんびりと気持ちに余裕があれば良いのですが、残念ながらそうでない日もあります。
そんな時でも目に映る物はまるで絵巻物のように次から次へと移っていきます。
自分の気持ちもいつの間にかそのように変わっていくと思います。

さて、体の外に冬から春への刺激を感じたところで、体の中からも次の季節へと準備するのはいかがですか?

まずは食事なんかで試してみてはどうでしょう?
例えば身近に簡単に手に入る春野菜。今は一年中様々な野菜がたくさん手に入るけれど、お店でも春野菜のコーナーなどありますので覗いてみるのも楽しいです。

芽吹く季節なので、黄緑色のスナップえんどうや芽キャベツが春らしいですね。
漢方でも苦味のある物が身体に取り込むとよいとされているので、菜の花とか…
栄養面だけでなく目にもきれいで春を感じられますね。
セリなどは抗酸化作用があると言われているので、お浸しやオイル蒸しなどでおいしくいただけます。

こんな感じで身の回りから春を意識するだけで、冬の寒さで不安定で弱った身体の代謝を促して元気にしてくれるでしょう。

新しい季節が来る事で、すぐに希望や期待がやって来ることに結び付かなくても、今を感じながら少しずつ身体の内外の準備を始めませんか。

この記事を書いた人

うめこです。
日常のささやかな出来事を書いています。
よろしくお願いします。

雑貨・暮らし
スポンサーリンク
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました