シュワちゃんの熱いメッセージを訳してみた/Twitterで学ぶ英語

アーノルド・シュワルツェネッガー 英語一般

はじめに

1月6日にアメリカで発生した議事堂占拠事件に対して、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんがツイッター上でコメントを発表しています。

カリフォルニア州知事の経験があり、共和党政治家としての顔も持つシュワルツェネッガーさんの見解に興味をもったので翻訳してみました。少し長いですが、お付き合いください。

シュワルツェネッガーさんのコメント(全文)

My message to my fellow Americans and friends around the world following this week’s attack on the Capitol.
今週の国会議事堂への攻撃に続き、仲間のアメリカ人そして世界中の友人に向けての私からのメッセージです。

As an immigrant to this country I would like to say a few words to my fellow Americans,  and to our friends around the world, about the event of recent days.
この国への移民として、アメリカ人の私の仲間たち、そして世界中の友人に、ここ数日間の出来事について少し述べたいと思います。

I grew up in Austria.
I’m very aware of Kristallnacht,  or the Night of Broken Glass.
私はオーストリアで育ちました。
私は「水晶の夜」、別名「破壊されたガラスの夜」のことををよく知っています。

It was a night of rampage against the Jews carried out in 1938 by the Nazi equivalent of the Proud Boys.
それは1938年に発生した反ユダヤ暴動の夜のことで、プラウド・ボーイズに相当するナチによって引き起こされました。

Wednesday was the Day of Broken Glass right here in the United States.
この水曜日は、まさにここアメリカ合衆国での「破壊されたガラス」の日になりました。

The broken glass was in the windows of the United States Capital.
アメリカ合衆国の国会議事堂の窓が破壊されたガラスになったのです。

But the mob did not just shatter the windows of the Capital.
しかし、暴徒は議事堂の窓を粉砕しただけではありませんでした。

They shattered the ideas we took for granted.
彼らは、私たちが当然だと思っていた思想も粉々にしたのです。

They did not just break down the doors of building that housed American democracy.
彼らはアメリカの民主主義を受け入れてきた建造物のドアをたたき壊しただけではありませんでした。

They trampled the very principles on which our country was founded.
彼らは、私たちの国のよりどころとなるまさにその原則を踏みにじったのです。

I grew up in the ruins of a country that suffered the loss of its democracy.
私は民主主義が喪失したままの国の廃墟の中で育ちました。

I was born in 1947, two years after the Second World War.
私が生まれたのは1947年、第二次世界大戦終結から2年後のことです。

Growing up, I was surrounded by broken mem drinking away the guilt over their participation in the most evil regime in history.
大きくなると、私の周りには、歴史上もっとも邪悪な体制に参加した自責の念にかられ、酒で憂さを晴らし続ける大人たちがいました。

Not all of them were rabid anti-Semites or Nazis.
彼らのすべてが過激な反ユダヤ主義者やナチだったわけではありません。

Many just went along step-by-step down the road.
彼らの多くは一歩一歩と道をすすんでいったのです。

They were the people next-door.
彼らはどこにでもいる人たちでした。

Now I’ve never shared this so publicly because it is a painful memory.
今から話すことは今までほとんど公にしたことはありません。つらい思い出だからです。

But my father would come home drunk once or twice a week, and he would scream and hit us and scare my mother.
私の父は一週間に1回か2回は酔っぱらって帰ってきて、叫びながら暴力をふるい、母を怖がらせたものです。

I didn’t hold him totally responsible because our neighbor was doing th same thing to his  family and so was the next neighbor over.
私は彼に責任のすべてを押し付けることができませんでした。なぜなら、隣の家でもその隣の家でも同じことが起こっていたからです。

I heard it with my own ears and saw it with my own eyes.
私はこの耳で聞き、この目で見ました。

They were in physical pain from the shrapnel their bodies and in emotinal pain from what they saw or did.
それらは体内にある爆弾の破片からの肉体的な痛みであり、彼らが見て経験した感情的な痛みでもありました。

It all started with lies, and lies, and lies, and intolerance.
それはすべてうそ、うそ、うそ、そして非寛容から始まりました。

So being from Europe, I’ve seen firsthand how thing can spin out of control.
ヨーロッパにいて、私は物事がどのように制御不能になるのかを最初に見てきました。

I know there is a fear in this country and all over the world that something like this could happen right here.
私は、まさにここで起こったような恐怖がこの国と世界中にあることを知っています。

Now, I do not believe it is, but  I do believe that we must be aware of the dire consequences of selfishness and cynicism.
私はそうは思いませんが、利己主義と皮肉の悲惨な結果を認識しなければならないと信じています。

President Trump sought to overturn the results of an election and of a fair election.
トランプ大統領は公正な選挙の結果を覆そうと考えていました。

He sought a coup by misleading people with lies.
彼はウソによって人々を誤らせ、クーデターを画策しました。

My father and our neighbors were misled also with lies, and I know where such lies lead.
私の父や隣人はウソにより誤って導かれました。私はそのようなウソがどこへ導くのかを知っています。

President Trump is a failed leader.
トランプ大統領は誤ったリーダーです。

He will go down in history as the worst president ever.
彼は歴史上最悪の大統領として記憶に残るでしょう。

The good thing is he will soon be as irrelevant as an old tweet.
幸いなことに、彼はもうすぐ古いツイートと同様、無意味な存在になります。

But what are we to make of these elected officials who have enabled his treachery?
しかし、彼の裏切り行為を可能にしたこれら選ばれた代表者達に対し、私たちは何をすればいいのでしょうか?

I will remind them of what Teddy Roosevelt said,
私は、彼らにテディ・ルーズベルトの言ったことを思い出して欲しいと思います。

“Patoritism means to stand by the country. It does not mean to stand by the president.”
「愛国心とは国を支持することを意味している。大統領を支持することではない。」

John F.Kennedy wrote a book called Profiles in Courage.
ジョン・F・ケネディは「勇気ある人々」という本を書きました。

A number of members of my own party, because of their own spinelessness, would never see their names in such a book. I guarantee you.
私が所属する党のメンバーの多くは、その決断力のなさから、そのような本に名前が載ることはないでしょう。私が保証します。

They’re complicit with those who carried in the flag of self-righteous insurrection in the Capital.
彼らは議事堂での独善的な旗印による暴動の共犯者です。

But it did not work.
しかし、それはうまくいきませんでした。

Our democracy held firm.
私たちの民主主義は強固でした。

Within hours, the Senate and the House of Representatives were doing the people’s business and certifying the election of President-elect Biden.
数時間のうちに上院と下院は国民のための仕事、そしてバイデン次期大統領の承認作業を開始しました。

What a great display of democracy.
何という民主主義の発揮でしょうか。

I grew up Cathoric, I went to church, went to Catholic school, I leaned the Bible and my catechisms.
私はカトリック教徒として育ちました。教会へ行き、カトリック学校に行き、聖書と公教要理を学びました。

And from those days I remember a phrase that is relevant today:
a servant’s heart.

当時から覚えているあるフレーズに、今日に関係しているものがあります。
それは「しもべの心」です。

It means serving something larger than yourself.
それは、あなたより大きなものに奉仕するという意味です。

What we need right now from our elected representatives is a public servant’s heart.
選ばれた代表者達に今必要なのは、公共のしもべの心です。

We need public servants that serve something larger than their own power or their own party.
私たちには、権力や党よりも大きなものに奉仕する公共の奉仕者が必要です。

We need public servants who will serve higher ideals, the ideals in which this country was founded, the ideals that other country look up to.
私たちには、より高い理想、この国がよりどころとする理想、他の国から尊敬されるような理想のための奉仕者が必要です。

Now, with the past few days, friends from all over the world have been calling, and calling, and calling me, calling me distraught and  worried about us as a nation.
この数日間、取り乱し、心配する電話を世界中の友人から相次いで受けています。

One woman was in tears about America, wonderful tears of idealism about what America should be.
ある女性はアメリカがどうあるべきかについての理想論を涙ながらに語っていました。

Those tears should be remind us of what America means to the world.
それらの涙は私たちに世界におけるアメリカの意味を思い起こすべきものです。

Now I’ve told everyone who has called that as heartbreaking as all it is, Amrica will come back from these dark days and shine our light once again.
私は傷付いて電話をくれたすべての人に言いました。アメリカはこの暗い日々から復活し、再び光り輝くだろうと。

Now you see thiss sword?
この剣が見えますか?

This is Conan’s sword.
これはコナンの剣です。

Now here’s the thing about swords, the more you temper a sword, the stringer it becomes.
剣というのは、鍛えれば鍛えるほど強くなっていきます。

The more you pound it with a hammer and then heat it in the fire, and then trust it into the cold water, and then pound it again, and then plunge it into the fire and water, and the more often you do that, the stringer it becomes.
ハンマーで打てば打つほど、そして火で熱すれば熱するほど、水に漬け、再びハンマーで打ち、火と水にさらすことを繰り返せば繰り返すほど、強くなっていきます。

I’m not telling you all this because I want you to become an expert sword maker, but our democracy is like the steel of this sword.
私はあなたに鍛冶職人になってもらいたくて言っているのではありません。民主主義はこの剣のようなものだと言いたいのです。

The more it is tempered, the stronger it becomes.
鍛えれば鍛えるほど、強くなる。

Our democracy has been tempered by wars, injustices, and insurrections.
私たちの民主主義は戦争、不正、暴動によって鍛えられてきました。

I believe, as shaken as we are about the events of recent days, we will come out stronger because we now understand what can be lost.
ここ数日の出来事で動揺しているのと同じくらい、私たちは何が失われる可能性があるのかを理解しているので、私たちはより強くなると信じています。

We need reforms, of cource, so that this never ever happenes again.
こんなことが二度と起きないよう、私たちには改革がもちろん必要です。

We need to hold accountable the people that brought us to this unforgivale point.
私たちはこの許されない段階まで我々を導いた人々に責任を負わせる必要があります。

And we need to look past ourselves, our parties, and disagreements and put our democracy first.
そして、私たち自身、私たちの党、そして意見の食い違いを見つめ、民主主義を最優先にもってくる必要があります。

And we need to heal, together from the drama of what’s just happened.
そして、今起こったことからの和解が必要です。

We need to heal, not just as Republican or as Democrats, but as Americans.
共和党としてでも民主党としてでもなく、アメリカ人としての和解が必要です。

Not to begin this process, no matter what your political affiliation is,  I ask you to join me in saying to President-elect Biden,
“President-elect Biden, we wish you great success as our President. If you succeed our nation succeeds.
We support you with all our hearts as you seek to bring us together.”

政治的な所属からこのプロセスを始めるのではなく、私はバイデン次期大統領に語るところから参加してもらうことを希望します。
「バイデン次期大統領、私たちはあなたが大統領として大きな成功を収めることを願っています。もしあなたが成功すれば、私たちの国は成功します。
あなたが私たちをひとつにまとめるなら、私たちは心からあなたをサポートします。」

And to those who think they can overturn the United States Constitution, know this:
You will never win.

そして、合衆国憲法を打倒できると考えている人たちには知ってもらいたい。
あなた方は決して勝利しないと。

President-elect Biden, we stand with you today, tomorrow, and forever in defence of our democracy from those who would threaten it.
バイデン次期大統領、我々は自分たちの民主主義を脅威にさらす人たちから守るため、今日、明日、そして永遠にあなたと一緒に立っています。

May God bless all of you and may God bless America.
神があなた方すべてを祝福し、神がアメリカを祝福しますように。

終わりに

何か映画の一シーンのようですね。

政治的な論争をするつもりはないので内容についてのコメントは控えますが、「自分の言葉で語る」とはこういうことを指すのでしょう。

なお、スピーチで出てきた「水晶の夜」。どこかで聞いたことがあると思ったら、村上春樹さんの「騎士団長殺し」のなかで、あるエピソードとして登場していました。

興味のある方はこちらからどうぞ。

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました