頭皮を乾燥から守るための2つの習慣

雑貨・暮らし


こんにちは。

冬場は雨が少なくて、寒さからの血行不良により、また室内でのエアコンなどの暖房でも皮膚も乾燥しますね。手や顔は、自分の目につくところですが、頭皮のことを忘れていませんか?

顔と頭皮はつながっていて…などとよく言われていますが、頭皮は髪の毛に覆われている分手や顔に比べれば気付きにくいところです。

最近では皆さんも注意して洗髪するようになったせいか服にフケが落ちている人も昔ほど目にしなくなったように思いますが、気候や職場環境などの外的要因や人間関係によるストレスなど、頭皮にとってある意味過酷とも言える状況を知らず知らずのうちに生み出しているかもしれません。

年齢を重ねてくると、体の水分量も減ってきて頭皮が乾燥してきます。その結果として頭皮のキメも整いづらくなり、丸かった毛穴の形も若い頃よりもふっくらしなくなってきます。そうなると、うねりや毛が痩せて細くなる原因をどんどん作っていってしまいます。また、ぺたんとして疲れた印象の髪型になってしまうし…

困ったなと思ってるだけでは仕方がないので、私は育毛剤を使う事にしました。今から5~6年前でしょうか。

以前は夫も育毛剤をせっせと頭皮に添付していましたが、抜ける事が急速過ぎて結局のところ断念し、私だけが続けていくことに…。

そんな私が使っているのは、デルメッドと言う化粧品のものです。

使用感もよく、値段的にも無理なく続けていけそうな感じだったからです。製薬会社のものなので、送られてくる時も梱包も丁寧でとても清潔感あります。派手な感じではありませんが、手にも馴染む入れ物ですし、とても気に入ってます。

さて、実際にどのように使っているかを説明したいと思います。

1日2回が基本的な使い方という事なので、まずは夜の洗髪後、ドライヤーの前に頭皮に添付します。
白髪が出やすい箇所、うねりやボリュームに欠けるところなど細かなところも注意して添付します。指先に付けて添付すると、頭皮がきちんと吸い込むのがよくわかります。
家族の頭皮に添付してみたところ、小さくぎゅっとした頭皮の毛穴がふっくらしたのを目にしたので、やはり顔に化粧水を付けるのと同じで付けるべきかもしれない、欠かさずにやったほうがいいと確信しました。

そして、2回目は朝起きたらです。私はあまり眠りの質が高くないせいか寝癖もつくようになったので、ボーッとした頭の中の血行を良くするつもりで添付してマッサージします。すると、夜の間に乾燥した頭皮が潤って毛穴がきちんと整うせいか、髪の毛がきちんと立ち上がり頭皮も柔らかくなります。

これで朝からスッキリきれいになり、今日も一日髪型も決まって頭皮も潤い、気分良く過ごせます。

そんなに時間もかからないので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

この記事を書いた人

うめこです。
日常のささやかな出来事を書いています。
よろしくお願いします。

雑貨・暮らし
スポンサーリンク
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました