allowの意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

英語一般

コロナの影響で無観客が続くプロスポーツ。そろそろ観客を入れるとの噂もありますが、しばらくは制限された状態が続くことは間違いないでしょう。

そんな時にちょうど良いアイデア(?) がありました。

Since no fans are allowed to attend games, a Japanese baseball team placed more than 20 robots in the stands to cheer them on

ファンが試合に参加できないので、日本のプロ野球チームは応援のために20体以上のロボットを配置しました。

CBS News

“allow” は「許す」「許可する」という意味を表す動詞です。

発音が少し変わっていて、無理やりカタカナにすると「アウ」です (ラを強調する)。

「許す」という意味では、allowの他にpermit, forgiveなどがあります。
それぞれニュアンスが微妙に違いますので、説明したいと思います。

allow

誰かに何かを許可する場合に用います。

文例

You’re not allowed to walk here.
あなたはここを歩くことを許可されていない。

I allowed him to watch the movie.
私は彼にその映画を観ることを許可しました。

主語は人でなくてもOKです。

文例

Smoking is not allowed in the room.
その部屋での喫煙は許可されていません。

その他、意外と使われるのが「時間やお金などを割り当てる」という意味です。

「~くらいかかることを許可する」からきていると考えればわかりやすいでしょうか。
ちなみに “allowance” で「手当」「お小遣い」です。

文例

Please allow three days for your order to arrive.
注文の商品が到着するのに3日かかります。

permit

こちらも「許可する」という意味ですが、規則や法律などに基づいた場合に使われます。意味的にそれほど大きな違いはないのですが、allowより固いイメージがあります。

文例

The government permitted them to enter the district.
政府は彼らがその地区に入ることを許可した。

forgive

過ちや罪などを「許してもらう」時にピッタリです。

文例

She will forgive him for lying to her.
彼女は彼のウソを許すでしょう。


さて、整然と応援するペッパー君、さすがソフトバンクといったところですが、「面白い」という好意的な意見がある一方、「気味が悪い」というコメントもありました。

あの無表情が私もちょっと苦手かも。。

何となくこちらのロボットに似ています。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ
にほんブログ村 

50代サラリーマンランキング 
 
この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました