GoogleドライブのOCR機能を使ってPDFを無料でテキスト化する方法

雑貨・暮らし


スキャンされたPDF画像ファイルやJPGの写真イメージなどから文字起こしをする際に必要となるOCR(文字認識)という作業。
お金をかけたりフリーのツールを駆使したりすればそれなりに出来るんでしょうが、そこまでしようとは思わず仕方なくあきらめる、、という人も多いのではないでしょうか?

そんな時に断然おすすめなのがGoogleドライブを使う方法です。

必要なのはGoogleアカウントだけ

OCR機能を持ったソフトウェアは国内外にたくさんありますが、有料だったり、無料でも日本語対応が不十分だったりと、あまり使い勝手がよくありません。
そもそもよくわからないソフトはあまりパソコンに入れたくないですよね。

そんなときはGoogleのオンラインストレージサービスであるGoogleドライブを活用しましょう。

Googleドライブは様々な文書フォーマット変換に対応しているのですが、OCR機能も優れていて、これだけでもGoogleドライブを使う価値が充分にあります。
新たにソフトをインストールする必要もありませんし、ファイルをそのままGoogleドライブ上に保存できるので非常に便利です。

使い方は簡単

では早速その手順を紹介していきましょう。
(サンプルで使用するPDFはこちら)

まずはGoogleドライブにログインします。

Googleドライブにログインできたら、左上の「新規」ボタンをクリック後、「ファイルのアップロード」を選択します。
ファイル選択の画面が開きますので、テキスト化したいファイルを選択してください。
ちなみに画像フォーマットは JPEG, PNG, GIF, PDF が利用可能です。

ファイルが無事アップロードされました。

次にそのファイル名をダブルクリックすると、中身のPDFが表示されます。
そこで画面上部の「Googleドキュメントで開く」をクリックしてください。


PDF内の文字を自動的に読み取ったGoogleドキュメントとして表示されましたね。
ここまでくればもう一息です。


左上の「ファイル」メニューから「ダウンロード」「書式なしテキスト(.txt)」を選択して、テキストファイルをダウンロードしましょう。


ダウンロードされたテキストファイルをひらいたところ。
気になる変換精度も思った以上に高くて驚きです。
100%とはいきませんが、それは他のOCRツールを使ったところで同じなので、目視確認は行いましょう。

まとめ

PDF資料を文字起こしする場合以外にも、スマホで取った写真をその場でOCRできたら便利ですよね。

GoogleドライブのOCRは日々進化を重ねており、バージョンアップ作業なしで最新機能を使えるところも見逃せないポイントです。

他社のオンラインOCRサービスも試してみましたが、Googleドライブは変換精度だけでなくそのスピードも優れています。
ぜひ一度試してみてください!

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
雑貨・暮らし
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました