ニベア青缶で冬を乗り切る

雑貨・暮らし

様々な年代の方々に長いこと支持されてきたこのクリーム、皆さんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

私も子供の頃からたまに使った記憶がありましたけれど、家事などで色々手を使うようになると、もう少し手を守る機能性やコクが欲しいなどと要求が多い歳頃となってしまい、いつの間にか使うこともあまりなくなってしまった、このニベア缶…

そんなある日、娘の部屋から発見し、懐かしく思った私は思わずドラッグストアで買ってしまいました。

家事の合間のふとした時、サッと手をケアしたい時にフタをパカッと一度開けるだけですぐ使える気軽さがいいです。ワンアクションというのでしょうか…

あ〜足の裏もそういえば乾燥気味だった、なんて思い出した時もすぐにパカッと開けてすぐに手に取り塗る事ができ、後回しにしません。

残量もパッと一度見るだけでよくわかる…炊飯器に残っているご飯のように。

潤いの持続性はもっと高いものは沢山あるけれど、あの缶のデザインや使い心地の潔さはなかなかないと思います。なので、ロングセラーはすごいなぁと感心させられた、一品でもありました。

この記事を書いた人

うめこです。
日常のささやかな出来事を書いています。
よろしくお願いします。

雑貨・暮らし
スポンサーリンク
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました