「ゼロ・グラビティ」英語セリフと名言集

ゼロ・グラビティ

制御不能に陥った宇宙ステーションからの帰還をリアルな映像で迫った「ゼロ・グラビティ」より、心に残る名言、使える便利表現などを原文解説つきで紹介します。

「ゼロ・グラビティ」をアマゾンプライムで観る

タイトルについて

「ゼロ・グラビティ」の原題は「重力」を意味する “Gravity” です。

“Zero Gravity” だと重力がゼロ、すなわち「無重力」ですから、これほど正反対の意味を持つ邦題を付けられた映画も珍しいですね。。

Mission abort -作業中止-

Mission Control: Mission abort. Repeat: mission abort.
Initiate emergency disconnect from Hubble.
作業中止。直ちに中止せよ。
ハッブルを切り離し至急地球に戻れ

船外作業中のクルーの元に、ヒューストン地上管制室からの緊急指令が届きます。

“abort” というのは計画を中止もしくは中断する、と言う意味です。

そのまま継続すると深刻な状況になるため、途中で強制的に終了するイメージで、まさに今回の状況にピッタリの表現です。

コンピュータ関連では、プログラムに不具合があって強制終了した際のおなじみのメッセージです。

もう少し一般的だと、胎児を中絶する・流産する、と言った意味にもなります。

Matt: Put a bow on it, Dr. Stone.
やめるんだ、ストーン博士。

Ryan: I can’t. If I turn it off now we’ll lose the whole system.
無理です、今やめたらすべて失われます。

Matt: I’m not going to ask you again.
もう一度言ってるヒマはない。

Ryan: One second.
もうちょっと。

Matt: Not one second. Now! Shut it down!
That’s an order!

だめだ、今すぐシャットダウンしろ。
命令だ。

ゼロ・グラビティ マット ライアン
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

危機が迫るなか、一刻を争い退却準備をするシーン。

“put a bow on it” は、何かを終わらせるときの慣用句です。

この場合の bow はリボンなどの蝶結びの意味で、プレゼント用の箱にリボンを掛けるイメージですね。

ライアンの返答にある “One second” は、具体的な「1秒」というよりは「一瞬」とか「ほんの少し」といった時間、言い換えれば moment が近いですね。

「ゼロ・グラビティ」をアマゾンプライムで観る

debris -破壊片-

Mission Control: It’s not good.
Most of our systems are going down.
Debris chain reaction is out of control and rapidly expanding.
Multiple sats are now down and they keep on falling.

状況はよくない。
ほとんどのシステムがダウンしている。
破壊片の連鎖反応が止まらず、制御不能。
衛星が次々破壊されてる。

Matt: Define “multiple” sats.
具体的に何基?

Mission Control: Most of them.
Telecomunications systems are gone.
Expect a communication blackout at any moment.

ほとんどだ。
通信システムもやられた。
じき通信も途絶える。

Matt: Half of North America just lost their Facebook.
フェイスブックもダウンか。

“debris” というのは、何かが破壊されたあとの破片や堆積物をさす言葉です。

不加算名詞で、最後の “s” は発音しないのが特徴です (語源がフランス語なんですね)。

アクセントは、イギリス式では前半を強く「ブリ」と発音しますが、アメリカ式では逆に「デブ」となります。

ややこしい単語ですが、最近では「デブリ」とそのままニュースなどで聞くようになりましたね。

本編に話を戻すと、破壊された通信システムを逆手にとったマットのジョークがさえてます。

スポンサーリンク

Do you copy? -応答願います-

Matt: Do you copy?
Repeat. Do you copy?

聞こえるか?
繰り返す。聞こえるか?

Ryan: YES! YES! I copy! I’m here!
はい、聞こえます! ここです!

「ゼロ・グラビティ」では “You copy” もしくは “Do you copy?” というセリフが頻繁に出てきますが、これは「応答願います」という意味です。

copyというと、まず連想するのはコピー機のコピーですが、それ以外にも「了解する」という意味があるんです。

in radio/military communications : to acknowledge receipt of (a message)
無線/軍隊でのコミュニケーション : あるメッセージの受信を承認すること

-Merriam Webster Dictionary より-

コピーというのはデータをある所から別の所へそっくり移すことですよね。

これの応用で、

「私の言ったことをそっくりあなたの頭に移しましたか?」

という意味で、”Do you copy?” となるわけです。

それに対する返答は、ライアンのように “I copy”、もしくは単純に “Copy”, “Copy that” といいます。

Copy が出てくる作品はこちらにも↓↓

good news bad news -良い知らせと悪い知らせ-

ゼロ・グラビティ マット
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

Matt: Well, well, what d’you know. I have good news and bad news.
いい知らせと悪い知らせだ

The good news is we’re five minutes from the ISS and I know where the Russians stash their vodka… and that’s a good thing cus I’m running out of fumes.
Bad news is I’m gonna be ten minutes short of……breaking Anatoly’s record.
いい知らせはISSまで5分。ウォッカの隠し場所を知ってる。
ちょうど燃料も切れそうだ。
悪い知らせは宇宙遊泳記録に10分足りない。

“good news bad news” は映画やドラマのセリフだけでなく、家庭やオフィスなどでもよく聞かれるフレーズです。

発音的にもリズムがあってノリがいい感じが好まれるのでしょう。

“I have good news and bad news.” と言った後に、

Which do you want to hear first? (どっちから聞きたい?)

と聞くのがお約束なのですが、ここではノリの悪い(?)ライアンが相手なので、マットは1人で最後までしゃべってます。

「ゼロ・グラビティ」をアマゾンプライムで観る

let go -手放す-

ゼロ・グラビティ マット
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

Ryan: I’m going to take the Soyuz and come get you.
ソユーズで助けに行く

Matt: No you’re not. . I have too much of a head start.
That ship already sailed.
だめだ、もう遠すぎる

残念だが手遅れだ。

Ryan: No. I’m coming to get you.
助けに行く。

Matt: Ryan, you’re going to have to learn to let go.
あきらめる事も学べ。

「~させる」と容認・許可を表す “let” に”go” が続いて「手放す」という意味になります。

手放す対象を具体的に示す場合は “let go of ~” とします。

究極の選択を迫られたマットがライアンに諭す場面ですが、この場合は単に「ロープを手放せ」というよりは、

「人生でどうにもならない別れを受け入れる勇気を持て」

と言っているようにも聞こえるのが印象的です。

point of living -生きる意味-

Matt: Listen you want to go back or do you want to stay here?
I get it, it’s nice up here, you can just shut down all the systems turn out all the lights, and just close your eyes and tune out everybody.
地球に戻るか? ここにいるか?
ここは居心地がいい。
あらゆるシステムをシャットダウンし、明かりを消す。
目を閉じ、心も閉ざす

There’s nobody up here who can hurt you, it’s safe.
Then what’s the point in going on, what’s the point of living?
傷つける者はいない、安全だ。
でもそれじゃ生きる意味がどこにある?

Your kid died, doesn’t get any rougher than that, but still it’s a matter of what you do now.
If you decide to go that you’ve gotta just get on with it, sit back enjoy the ride.
You have to start living life, Ryan.
娘は死んだ。これ以上の悲しみはない。
だが問題は今どうするか。
もし戻るならもう逃げるのはよせ。
くよくよせず「旅」を楽しめ。
大地を踏みしめ自分の人生を生きるんだ、ライアン。

ゼロ・グラビティ ライアン マット
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

孤独と絶望に打ちひしがれるライアンでしたが、ぎりぎりのところでマットの言葉に救われます。

“enjoy the ride” の “ride” は、通常の「乗る」のほかに「困難を切り抜ける」というニュアンスを持っています。

あとの方でライアン自身のセリフにも出てきますよ。

スポンサーリンク

home -故郷-

ゼロ・グラビティ ライアン
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

Ryan: You’re losing altitude, Tiangong.
You keep dropping and you’re going to kiss the atmosphere.
But not before I get to you. You have my last ride home.

「天宮」の高度が下がってる。
このまま行くと大気圏に突入ね。
その時は私も一緒に乗っていく。

ライアンが中国の衛星「天宮」を擬人化して “You” と呼びかけています。

“kiss the atmosphere (大気圏にキスする)” とはおしゃれな言い方ですね。

“But not before I get to you” のくだりは、 「私があなたのところに行く前に kiss the atmosphere しないでね」ということです。

no harm, no foul -誰のせいでも-

Ryan: The way I figure it, there’s only two possible outcomes.
このままいくと結果は2つしかない

I either make it down in one piece and I’ll have one hell of a story to tel…
無事に生還し奇想天外な話を聞かせるか

Or I burn up in the next ten minutes.
10分後に焼け死ぬか

Whichever way it goes, no harm no foul.
どっちだろうと誰のせいで
もない。

“no harm, no foul” というのは、何か失敗した相手に対して「相手に害をあたえなかったので、ファウル(違反行為)にはならないよ」という意味で、スポーツの世界で使われていたものが一般的になったものです。

ここではライアンが自分に向かって「大丈夫」と言ってるんですね。

まとめ

ゼロ・グラビティ
© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

美しいけど単調な宇宙空間、そして分厚い宇宙服とヘルメットに覆われた場面がシーンの大部分を占めるなか、セリフの存在というのが「ゼロ・グラビティ」ではとても大切です。

発音も聞き取りやすく、マットのジョークやライアンの心境の変化をセリフから追いかけてみるのも楽しいですよ。

「ゼロ・グラビティ」をアマゾンプライムで観る

おまけ : 英語が苦手な人はこちらを

「そうは言っても全文英語なんてムリ」

「かっこいいセリフを一つだけ教えて」

という人には、こちらがおすすめです。

こちら、ノミネート作品も含めた過去のアカデミー受賞作から50個の名セリフ (もちろん英語付きで) を紹介しているんです。

作品情報からちょっとしたトリビア、そしてネタバレ無しのセンスいいイラスト解説まで載っていて、とても楽しく元気が出てくる本です。

もちろん「ゼロ・グラビティ」も載ってます!

「最近なんかいいこと無いなあ」という人、占い代わりにパラパラとめくったところから読んでみてください。

きっと心に刺さるフレーズが見つかるはずです。

しかもそれが簡単な英語で表現できることに驚くと思います。

好きな俳優が語るカッコいいセリフをこの本でぜひ覚えちゃってください!


<<あわせて読みたい>>

「インターステラー」英語セリフと名言集

「アポロ13」英語セリフと名言集

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」英語セリフと名言集

「マトリックス」の世界観と名言を英語セリフから読み解く

「インセプション」英語セリフと名言集

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
英語・映画・ピアノ関連の話題を不定期で投稿してます。

名画座
スポンサーリンク
keep on walking

コメント