経験ゼロ初心者のピアノ経過報告2「エリーゼのために」

エリーゼのために

定番「エリーゼのために」にチャレンジ

最初の練習曲「よろこびのうた」もまだ終わってないんですが、それだけで飽きないよう、次の曲「エリーゼのために」の練習も開始します。

この曲を選んだ理由は、検索すると単純にたくさん出てくるからです。

馴染み深いメロディですからね。

ただ、先日購入した

はじめてでも最後まで弾ける 大人のピアノ名曲77 ~クラシックから定番のポップスまで~

では、難易度は一気に

「★ ★ ★ ★ ★ 」

に上がってしまいました。

大丈夫かな。。

やさしい動画サイトで練習開始

そんなところに、力強い味方を発見しました。

ryoさんという方が制作されている【ゆっくりピアノ】シリーズです。

指の動かし方のコツなどがとても分かりやすく説明されていて、ド素人の私でも

「できるかもしれない」

と思わせてくれるところがすごいです。

このような教材を無料で提供してくださるryoさんには感謝です。

出だしがいきなり苦しい

動画でも説明がありますが、出だしがいきなり難関です。

小指と薬指の力が入れにくい

最初の「ミ」は小指から始まります。

そして次の「レ」が薬指で、これをミレミレ、、と繰り返すんですが、力が入れにくいです。。

しっかり弾こうとすると、今度は隣の鍵盤までさわってしまい、うまくいきません。

「よろこびのうた」の練習で、指を立てるよう説明がありましたが、これは狙った鍵盤だけを正確にたたく、という目的もあったんだと今ごろ納得。

黒い鍵盤が弾きにくい

薬指のパートは「レ#」、つまり黒い方の鍵盤を弾かなければなりません。

単純な疑問なんですが、黒い鍵盤って弾きにくくないですかね?

幅が狭く、しかも白い鍵盤のように平らに並んでないので、弾こうとしても外してしまうんですが。。

親指や人差し指ならまだいいんですが、薬指ではなおさら難しいですね。

繰り返しのあとが続かない

弾きにくい指を使い、黒鍵も入った演奏を繰り返す。

それでも何度か練習しているうちにできるようになります。

問題はそのあとです。

ミレミレ・・に全神経を集中させてるんで、次の音に行くのが一瞬遅れてしまいます。

メロディ的なひとかたまり「ミレミレミシレドラ」までスムーズに弾くのが結構難しいですね。

それにしても、練習すればするほどピアノ上級者のワザには驚きです。

左手も苦しい

さて、「よろこびのうた」と違って、「エリーゼのために」は左手も忙しくなります。

下の音符を見るとわかると思いますが、序盤は

右手 ⇒ 左手 ⇒ 右手

といった感じで 曲が進んでいきます。

これの何が難しいかというと、

  • 一度左手に目を移すと右手に戻れなくなる

ということなんです。

上の画像の箇所だと、最初の右手パート「ミシレドラ」の最後の「ラ」のところで左手の「ラミラ」に移動します。

ここで、顔というか目の方も左手に移動します。そうしないと弾けないんです。

そこからさらに右手の「ドミラ」に行こうとすると、もう位置が分かりません。。

言葉で書くとアホみたいですが、本当に難しくて、お手本動画をじっくり見てみました。

ひとつわかったのは、

  • まだ右手を弾いているときに左手は次の位置でスタンバっている

ということです。

なるほど。

手が変わるたびに位置を探してはだめなんですね。考えてみれば当たり前です。

左手 ⇒ 右手 の移動に関しても同じことですね。

最初は余裕がなかったんですが、練習を重ねるうちに、だんだん少し先の位置を予測できるようになってきました。

この調子で頑張ろうと思います!

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
英語・映画・ピアノ関連の話題を不定期で投稿してます。

ピアノ
スポンサーリンク
keep on walking

コメント