英語一般

英語一般

might は may の過去形じゃない!?/Twitterで学ぶ英語

might は「〇〇かもしれない」という意味です。「might = may の 過去形」と覚えている人も多いかもしれませんが、その考えはいったん捨てましょう。この意味で使う場合、may と might にほとんど違いはありません。
英語一般

freebie の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

freebie は「無料」「試供品」という意味です。 freebie のツイート例 Here's a list of companies that are providing freebies when you s...
英語一般

rollout の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

rolloutは「導入」「運用開始」といった意味です。まったくのゼロからというよりは「部分的にテストしていたものを全面展開する」イメージがあります。
英語一般

in a row の意味と使い方/Twitter で学ぶ英語

in a row は「連続して」「並んで」という意味です。in a row は文末に置いて、直前に繰り返す回数あるいは期間を示す言葉がくるのが定番表現です。
英語一般

in the blink of an eye の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

in the blink of は「瞬時に」という意味です。"blink" は「まばたき」なので、「まばたきする間」ということですね。blink を wink に置き換えた "in the wink of an eye" も同じ意味として使えます。
英語一般

you bet の意味と使い方/Twitter で学ぶ英語

you bet は「もちろん」とか「どういたしまして」など、相手に同意の意志を伝えたい (それも強めに) ときに使います。bet の元の意味は「賭ける」です。ポーカーなどのゲームで使う「ベット」ですね。
英語一般

not A but B の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

not A but B は、「AではなくB」という意味です。 話し手が強調したいこと、本当に言いたいことが "but" 以下に書いてあると覚えておくと、文脈にかかわらず意味がすんなり頭に入ってきますよ。
英語一般

cub の意味と使いかた/Twitterで学ぶ英語

cub は動物のなかでもクマやライオン、オオカミなど主に肉食動物の子供を指すときに使います。 人間に対して使われると「未熟者」や「新入り」といった意味になります。
英語一般

come up with の意味と使いかた/Twitterで学ぶ英語

come up with には「思いつく」「提案する」「お金を用意する」などの意味があります。 with 以下の何かが「近づいて(浮かんで)来た」イメージです。
英語一般

Daylight Saving Time の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

Daylight Saving Time は「夏時間」という意味です。DSTと省略することもあります。 この場合の saving は「蓄える」とか「節約する」という意味です。イギリスでは「サマータイム」と言います。日本でもこちらの方が有名ですね。
タイトルとURLをコピーしました