be supposed to の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

英語一般

be supposed to は「~することになっている」「~のはずである」という意味です。

状況により様々な表現が可能です。

be supposed to のツイート例

“Are you supposed to be looking as if you’re enjoying yourself?”
「あなたが楽しそうに見えるべきですか?」

The Queen wasn’t afraid to lighten the mood at the G7 summit, asking UK PM Boris Johnson a slightly cheeky question.
ボリス・ジョンソン首相に図々しい質問をしながら、女王陛下はためらいなくG7サミットの場をなごませていました。

BBC News

be supposed to の意味

~することになっている

基本的な使い方です。これからの予定などを説明する際の定番表現です。

You are supposed to finish your homework by tomorrow.

明日までに宿題を終わらせることになっている。

規則や義務などの意味でもよく使います。

命令文や should などの助動詞を使わず、丁寧に相手に注意をうながすことができるので便利ですね。

You are supposed to put on a tie at the restaurant.
そのレストランではネクタイを締めることになっています。

You are not supposed to use a cell phone in this area.
ここでは携帯電話は使用できません。

~のはずである

そこから発展して、「~のはずだ」という意味にもなります。

過去形で使われると「本来あるべきなのにそうなってない」というニュアンスが強調されます。

She is supposed to be good at playing the piano.
彼女はピアノが弾けるはずだ。

You were supposed to pick up him.
あなたが彼を迎えに行くはずだった (実際には行ってない)。

be supposed to の発音

supposed の最後の “d” はほとんど聞こえません。

たしかに後ろに “to” があるので言いにくいですよね。

“supposed to” で「サポウズトゥ」になる、と覚えておいてください。

疑問詞との組み合わせもOK

疑問詞と組み合わせて「いらだち」や「戸惑い」を表現することができます。

映画やドラマでもおなじみです。

What am I supposed to do?
私は何をすることになっているの?
⇒ どうすればいいっていうの?

How am I supposed to know that?
私がどうやって知ることになっているの?
⇒ そんなこと知るわけないでしょう!

<<あわせて読みたい>>

TOEIC公式問題集だけを使った一番簡単な勉強法

海外ドラマを使った初心者におすすめの英語学習法

shouldの意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

no matter how の意味と使い方/Twitterで学ぶ英語

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
英語一般
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました