「バック・トゥ・ザ・フューチャー」英語セリフと名言集

名画座

タイムトラベルものの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」より、カッコいいセリフ、使える便利表現などを原文の解説付きで紹介します。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をU-NEXTの無料プロモーションで観る

end of the world (世界の終わり)

バック・トゥ・ザ・フューチャー ジェニファー マーティ
© Universal Studios – All Rights Reserved.

Jennifer: Marty, one rejection isn’t the end of the world.
マーティ、1回だめでも、それで終わりじゃないわ。

Marty: I know, “If you put your mind to it, you can accomplish anything.”
分かってるよ、「なせば成る、何事も」だろ。

バンドのオーディションに落ちたマーティをジェニファーが慰めています。

“end of the world” は、何か失敗した時に相手にかけるフレーズとして有名です。

「大げさに考えない方がいいよ」
「気にしないで」

といった感じで気軽につかえます。

例文

It’s not the end of the world if you don’t pass the examination.
試験に落ちたって大したことないよ。

マーティはそれに対して有名な格言でこたえていますね。

このセリフ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ではこのあと様々なシーンで出てくるキーワードになってます。

my calculations (私の計算)

バック・トゥ・ザ・フューチャー マーティ ドク
© Universal Studios – All Rights Reserved.

Doc: My calculations are correct, when this baby hits eighty-eight miles per hour, you’re gonna see some serious shit!

私の計算が正しければ、あの車が時速88マイルに達したとき、君はとんでもないものを目にすることになる!

完成したタイムマシンを前に、ドクがマーティに得意げに語ってます。

“My calculation” の前には “If” が省略されています。

“this baby” というのはデロリアンを改造したタイムマシンのことですね。

最後の “serious shit” 、これは「深刻なこと」「大事なこと」と言う意味ですが、”shit” はスラングなので、普通に話すときは “serious stuff”, “something serious” などと言った方がいいでしょう。

when the hell are they? (一体いつに?)

Marty: Jesus Christ, Doc, you disintegrated Einstein.
なんてことするんだ、ドク、アインシュタインが消えちゃったよ。

Doc: Calm down, Marty. I didn’t disintegrate anything.
落ち着くんだ、マーティ。私は何も消しちゃいない。

Marty: Then where the hell are they?
じゃあ、いったいどこに?

Doc: The appropriate question is… when the hell are they?
正確には「いったいいつに」だな。

愛犬のアインシュタインをタイムマシンと一緒に消してしまったドクに対して、マーティが驚いてたずねています。

“the hell” はそれ自体では意味はなく、驚きや困惑、いらだちを強調するために挿入されてます。

“hell” の元の意味が「地獄」なので、想定外に悪いことが起こった際に出てきますね。

上品とは言えないスラングなので、慣れない日本人は使わない方が無難です。

だた、映画やドラマのセリフではよく出てくるので、頭には入れておきましょう。

“what the hell” にはもうひとつ、「大したことない」「どうってことない」という意味もあります。

下のドクのセリフがまさにそれですね。

Doc: Well, I figured… what the hell.
まあ、思ったんだが、、どうってことないさ。

Irish bug (アイルランドの虫)

バック・トゥ・ザ・フューチャー ビフ
© Universal Studios – All Rights Reserved.

Biff: Hey, McFly. What do you think you’re doin’?
おい、マクフライ。こんなとこで何してる?

Marty: Biff.
まさかビフ?

Biff: Hey, I’m talking to you, McFly, you Irish bug!
おい、お前に話してるんだよ、アイルランドの虫め!

George: Oh, hey, Biff, hey guys. How are you doin’?
や、やあ、ビフ、やあ、みんな。調子はどう?

クラスメートが集まるカフェでのひとコマ。

平易な会話ですが、ひとつだけ “Irish bug” というのが分かりにくいですね。

これはマーティやジョージの名字 “McFly” から来ています。

“Mc” というのは「~の子」という意味を持つスコットランドやアイルランド系の名字です。

ビフはそれに続く “Fly” をハエの fly にかけているわけです。

that’ll be the day (まさか、とんでもない)

Marty: He’s gonna be Mayer.
彼は市長になる。

Goldie: Now, that’s a good idea.
I could run for Mayor.
そいつはいい考えだ。
市長に立候補するぞ。

Lou: A colored Mayer, that’ll be the day.
黒人の市長だと、まさか。

カフェのバイト君は将来のゴールディ市長でした。

店長のセリフにある “colored” は有色人種、主に黒人を指しています。

“that’ll be the day” というのは、可能性が低いことを言いたいときの慣用句です。

“that” は直前に相手が言ったこと、すなわちゴールディが市長になるということです。

そして “day” に “the” がつくことで「特別な日」をあらわし、

「そんなことが起こったら特別な日になるだろう」

が転じて、

「そんなことありえない」

となるわけです。

“that’ll be the day” の印象的な使い方はこちらもどうぞ。

make like a tree and get outta here (ここから出ていけ)

Biff: Since you’re new here, uh, I’m gonna cut you a break today.
So why don’t you make like a tree and get outta here?

新入りだから今日のところは見逃してやる。
だから木のふりをしてここから出ていけ。

ロレーンにちょっかいを出すビフを黙ってみていられないマーティ。

一触即発の事態に、ストリックランド先生がにらみを利かせて事なきを得ましたが、そのときのビフのセリフ

“make like a tree and get outta here”

は、日本語字幕では残念ながらその面白さが伝わらないです。

ここは、本来なら

“make like a tree and leave”

というところです。

tree の「木」、そして「立ち去る」の “leave” と「葉」を意味する “leaf” の複数形 “leaves” を掛けているんですね。

ただ教養のないビフはそれが分からず “get outta here” と言ってしまってるんです。

スポンサーリンク

heavy (ヘビー)

バック・トゥ・ザ・フューチャー マーティ ドク
© Universal Studios – All Rights Reserved.

Marty: Whoa, this is heavy.
うわ、こいつはヘビーだ。

Doc: There’s that word again “heavy”.
Why are things so heavy in the future?
Is there a problem with the earth’s gravitational pull?
またその言葉だ、「ヘビー」。
未来ではどうして物がそんなに重いんだ?
地球の重力に異変があるのか?

“heavy”には従来の「重い」以外に「深刻な」と言う意味があるのですが、1955年の時点では通じないようです。

現代ではさらに進んで「かっこいい」「すごい」といったほめ言葉にまで使われる点は、日本語の「ヤバい」の変化に似ていて面白いですね。

what if (もし〇〇だったら)

バック・トゥ・ザ・フューチャー ジョージ
© Universal Studios – All Rights Reserved.

George: Oh, what if they didn’t like them?
What if they told me I was no good?
I guess that would be pretty hard for somebody to understand.

だってもし気に入られなかったらどうする?
才能がないなんて言われたら?
他人には理解できないかもしれないけどさ。

Marty: Uh, no. No, hard not at all.
そんなことない、すごくよくわかるよ。

“what if” は、何かを仮定した結果を相手にたずねたいときの定番表現です。

シンプルで分かりやすいので、ぜひマスターしましょう。

こちらにも典型的な “what if” が登場します!

destiny (運命)

バック・トゥ・ザ・フューチャー マーティ ドク
© Universal Studios – All Rights Reserved.

Doc: Please, Marty. Don’t tell me.
No man should know too much about his own destiny.
頼む、マーティ、言わないでくれ。
誰も自分の運命のことを知りすぎてはいけないんだ。

Marty: Look, Doc, you don’t understand.
でも、ドク、わかってないんだよ。

Doc: I do understand!
If I know too much about my own future, I could endanger my own existence!
Just as you’re endangered yours.
分かっているとも!
将来を知りすぎると、自分が危機にさらされるんだ。
君が危険な目に遭っているいるようにね。

マーティのセリフ “Look”ですが、正確には “Look at me.” ですね。

look というのは単に「見る」だけなく、特定の対象を集中してみるニュアンスがあります。

つまり、「僕の方をみて真面目に聞いてほしい」というマーティの意志が “Look” の一語に込められているのがわかります。

something to shoot for (目指すべきもの)

Doc: You know, Marty, I’m gonna be very sad to see you go.
You’ve really made a difference in my life.
You’ve given me something to shoot for.

なあ、マーティ、君が行ってしまうのは本当に悲しいよ。
君が僕の人生を変えてくれた。
目指すべきものを教えてくれたんだ。

マーティのおかげで将来の成功を確信したドク。

“make a difference” で「影響を与える」という意味になります。

あることがきっかけでそれまでの状態に「違い」が生じ、結果が変わってくるということです (たいていは良い方向に)。

例文

Changing my appearance made a big difference to how I felt about myself.
見た目を変えたことが私自身の気持ちに大きな影響を与えた。

次のセリフにある “shoot for” は「~を狙う、目指す」という意味です。

サッカーのシュートをイメージすればわかりやすいですが、ドクのセリフのように、別にスポーツに限らず幅広く使われています。

例文

We’re shooting for a 10% annual return on investment.
私たちは投資で毎年10%の利益を目指しています。

まとめ

バック・トゥ・ザ・フューチャー ロレイン ジョージ マーティ
© Universal Studios – All Rights Reserved.

同世代の両親をめぐる奮闘や怪しい科学者ドクとのあつい絆を描いた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。

時代のギャップやお互いの口ぐせなど、言葉の面からストーリーを追いかけていくと、また違った楽しみ方ができますよ。

バック・トゥ・ザ・フューチャーをアマゾンプライムで観る

ここまで読んで、

「あの場面は本当は何て言ってるのか知りたくなった」

と言う方には「スクリーンプレイ」シリーズをぜひおすすめします。

こちら、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の全セリフとその日本語訳、単語の解説が見開き形式で載っていて、本編を見つつ、英語と日本語を比べながら読むのにとても便利なんです。

字幕では省略されてしまった本来の微妙なニュアンスがよくわかりますよ。

英語が苦手な方はこちらを

「そうは言っても全文英語なんてムリ」

「かっこいいセリフを一つだけ教えて」

という人には、こちらがおすすめです。

この本では、ノミネート作品も含めた過去のアカデミー受賞作から50個の名セリフ(もちろん英語付きで)を紹介しているんです。

作品情報からちょっとしたトリビア、そしてネタバレ無しのセンスいいイラスト解説まで載っていて、とても楽しく元気が出てくる本です。

「最近なんかいいこと無いなあ」

という人、占い代わりにパラパラとめくったところから読んでみてください。

きっと心に刺さるフレーズが見つかるはずです。

しかもそれが簡単な英語で表現できることに驚きです。

好きな俳優が語るカッコいいセリフをこの本でぜひ覚えちゃってください!


<<あわせて読みたい>>

「ジョーカー」英語セリフと名言集

「ショーシャンクの空に」英語セリフと名言集

「インセプション」英語セリフと名言集

「プラダを着た悪魔」英語セリフと名言集

「アバウト・タイム」英語セリフと名言集

「ボヘミアン・ラプソディ」英語セリフと名言集

「アポロ13」英語セリフと名言集

この記事を書いた人
チップマンク

50代会社員。転職5回。
帰国子女でもなく留学経験もないですが、外資系や国内海外部門での経験を生かして英語に関するネタを中心に提供していきます。

チップマンクをフォローする
名画座
スポンサーリンク
チップマンクをフォローする
keep on walking

コメント

タイトルとURLをコピーしました